本質はいつもシンプル

エッセンシャルブログ

シュージンの考え・思考

良い兆しを感じて、積極的に乗っていく

令和の時代に参上!

脱獄王のシュージンです。

 

またまた、昨日書いた記事に関連して。

昨日は、良い予感を持ち続けることの大切さ、

をテーマに書きました。

 

ともすれば、人は現実に引っ張られがち。

現状に引っ張られていては、

過去や今の延長線上にはない、輝かしい未来は遠のいていく。

 

大事なのは、現状がどんなに悪かろうが、

常に良いイメージを持って、取り組むこと。

 

それが、先の現実=未来を作っていくよ、

今持っているイメージで行動したことが、

その先の未来を作っていくよ。

 

だから、今の行動、

もっというと、その行動しているときに、

どういうイメージを持っているかが大事、

という話をしました。

 

「そうは言っても、現状が最悪なら、

いくら良い未来を想像しろって言われても、

そりゃ、無理な話でっせ、旦那」

 

って思うこともあるでしょう。

 

でも、実はそういう最悪な状況こそ、

これから良くなっていく前兆だったりするんですよ。

 

例えば、夜明け前が一番暗い、

という言葉があったりします。

 

最悪な状況というのは、

味方を変えれば、底辺にいるということですから、

あとはもう上がっていくだけなわけです。

だから、底にいると言うことは、

決して悪いことではなく、これから良くなっていく兆しなんだ、と。

 

でも、悪い中で良い兆しを感じるって、

普通の感覚ではなかなかできません。

 

だって普通は、過去 → 現在 → 未来というように時間が流れていくという感覚なので、

今が悪い → このまま未来も悪くなっていくかもしれない・・と考えがちだからです。

 

でも、これは正しくなくて、

人生も全て良い時もあれば悪い時もある、

全ては自然のバイオリズムによって成り立っています。

 

悪い時がずっと続くことはあり得ないし、

逆に、良い時も永遠に続くことはない。

 

つまり、悪い時が来ているのなら、

次は良い時がくる、これは自然法則の中では当たり前のことです。

 

だから、 このバイオリズム、

良い時と悪い時は必ず交互にやってくる、

という法則を頭に入れることが、まず大事。

 

ただ、それを知っていたとしても、

自分の中で“どこが底なのか?“が判断つかないことが、

一つ、良い予感を持ちにくい要素なのかな、と思います。

 

自分の中で、明確に「ここが底!」ってのがわかればいいけど、

「ん?まだか?まだ落ちるのか?・・ここが底じゃないのか・・!?もしや、まだ下があるんじゃ・・・!!」

と疑心暗鬼になると、良いイメージは出来にくいです。

 

だし、正直言ってこの反転していくタイミングって、

最初のうちはなかなか分からなかったりします。

(やっぱり、自分の中でそういう経験をしていく中で、

そういう雰囲気を掴んでいくしかないです。)

 

じゃぁ、諦めろってことか!っていうとそうではなくて、

そういう兆しを、わからなければ、自分で作ってしまえば良いと私は思ってます。

 

「あ、ここが底だな。じゃぁ、あとはもう上がっていくだけだな。」

 

そう、自分で決める。

 

そうすることで、

不思議なことに、本当にそこからどんどん上がって行ったりします。

 

これは、反転するな、と良いイメージを持つことで、

実際にそうなった、とも言えるし、

実際に自分でそう言うことで、きっかけを作ったとも言えます。

(つまり、これも広い意味でいうと、未来に対して良いイメージを持った、ということ。)

 

未来や運命ってのは、

受動的に流されるものじゃないです。

 

自分の手で、力で切り開くもの。

 

そうやって、良い流れになる兆しを感じて、

そしてそれに積極的に乗っていこうとする。

 

そうすることで、

本当に上昇気流を自分で作り出し、

運命や未来をより良いものに作っていける、

私はそう信じているし、

そうやってこれからもやっていきますよ。

 

ぜひ、そういう想いや意志を持って、

人生を一緒に切り開いていきましょう!

 

ということで、今日はこの辺で。

 

-シュージンの考え・思考

Copyright© エッセンシャルブログ , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。