本質はいつもシンプル

エッセンシャルブログ

生活

花粉の季節が始まるとアトピーも悪化してくる悪循環。

花粉の季節到来ですね。

私は極度のアレルギー体質ので、 花粉症には10代の頃から悩まされ続けています。

そしてアレルギー体質の方に多いのがアトピー。
私もアトピーは子供の頃から持っており、最近ちょっとひどくなってしまいました。

そして特にきついのがこの季節。
花粉を感じ始める頃には、皮膚の方もムズムズと痒みが増してきたりします。

今回はそんな花粉症とアトピーとの関連について実体験に基づき快適たいと思います。

花粉の季節がくると皮膚も痒くなる

これは私の感覚的なものですが、花粉の季節になるとアトピーもひどくなるように思います。

花粉のせいで直接皮膚炎が悪化するというよりも、 花粉が皮膚に付着することによってかゆみが増します。
かゆみが増すと余計に書いてしまうので、アトピーも悪化してしまうという流れです。

アトピーって基本的にかくことで悪化していくので、書かないことが第一なのですが、花粉によって皮膚の痒みが増してしまっているのではないかなと私も体験で感じています。

また、やっぱり皮膚科のお医者さんに行っても花粉が皮膚につくことで、 アレルギー反応が出ることがあるみたいなことを聞きました。

花粉症によるストレスで肌をかきむしる

花粉症になると、そもそもの主な症状である鼻水やくしゃみ、 目のかゆみなどかなり強い症状が出ます。

何と言っても私は一度病院での検査で、ほとんどの項目で数値が最高値だったほどのアレルギー体質。

花粉症の時もその症状は普通の人よりも強いと思います。

何もしてなくても鼻水がダラダラ出てきますし、寝る時にはほぼ鼻が詰まっています。
くしゃみも止まらないし、目も痒くてかきむしってしまいます。

それに頭も何かずっと重いような感じがして、 この季節は本当に調子が悪いです。
分かりやすく言うと、ずっと軽い風邪を引いてるような、微熱があるようなそんな感じが続きます。

なので、この季節はかなりストレスも溜まってしまうのですね。

その花粉症のストレスによって、また肌をかきむしってしまうことがアトピー悪化の二重原因。

花粉が直接皮膚につくことで引き起こされるアレルギー症状と、 花粉症のストレスによって余計に肌をかきむしってしまう。

この悪循環によって、この季節は本当にアトピーも悪化しやすいです。

まとめ

花粉は皮膚につくことで、アレルギー症状を起こすこともあるし、また本家の花粉症の症状によってストレスが溜まる。

このストレスによって余計に皮膚をかきむしってしまい、花粉による皮膚のかゆみと相まって、アトピーが悪化してしまう悪循環となってしまっています。

なので、まずは花粉の症状が出ないように薬をしっかり飲むことをまず第一にしています。

大元の原因の花粉症の症状をどうにかせずに、ステロイドバカ犬っていても全く意味がありませんからね。。

-生活

Copyright© エッセンシャルブログ , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。