プレミアム商品券は正直買わない|3つの理由と本当に買った方が良い人は?

今日ですねプレミアム付商品券についてお話をしていたいと思います。

プレミアム商品券っていわゆる10月に行われる消費増税に対する救済処置策なんですが、
これがままぁはっきり言ってひどいというか、なんか付け焼き刃感がすごいんですよね。

政府としては、消費増税に対する消費の落ち込みの下支えと、
乳幼児世帯や住民税非課税の世帯の家計の負担の緩和を目的としているようですが、
まぁ、焼け石に水でしょう。

うちも2歳と、先月生まれた1ヶ月になる2人の息子がいるのでこのプレミアム商品券を購入できる世帯に該当するんですけども、
実際に利用する側からみても、多分、買わないね・・というのが本音です。

じゃあ、なぜそういう結論に至ったのか?
その理由と、実際に購入して恩恵を受けられる人はどういう人?
というところも考えみました。

プレミアム商品券の概要

まずプレミアム付商品券について簡単に説明しておきます。

⇒プレミアム商品券|内閣府

消費増税が2019年10月ですかねの方でなりますけども、
それに伴って乳幼児のいる世帯や住民税非課税の家計を対象に、
家計の負担を減らし、増税による買い控えを緩和し、消費を促す目的で発行される商品券のことです。

対象の家族1人につき2万円まで購入できるんですが、
2万円で商品券を買うと、その商品券で2万5千円の買い物ができるようになってるんですね。
もし、世帯家族が父、母、子供二人の4人家族であれば、
8万円分で10万円分の商品券が買える、ということです。

つまり、家族1人につき最大5千円お得になる商品券ということで、
25%もお得になりますよ〜というPRがされています。

なぜ、プレミアム商品券を購入しないのか?

ここだけみると、消費税10%になったのに対して、25%もお得になるんならすごくいいよね!?
って思いましたか??

私は全くなりませんでした。

その理由は3つ。

  1. 使用できる場所、期限が限定されている
  2. 商品券でお釣りが出ない
  3. 購入するために多額の現金がいる

この3点です。

では、詳しく解説していきましょう。

使用できる場所と期限が限定されている

まず、1つ目。
実はプレミアム商品券は現金のようにどこででも使えるわけではありません。

事業所は商品券取り扱いテンポとして政府に申請を出し、
それが許可されて始めてプレミアム商品券を使うことのできるお店にります。
また、使えるのは住んでいる市町村の区域のお店に限られるんですね。

つまり、大幅に使用できる場所が限られてくる、ということです。
特に過疎地などでは、そもそも住んでいる区域に使いたいお店がない・・なんてことも起こってくるでしょう。

さらに、使える期限もあらかじめ決まっているんですね。
使える期限は、消費増税が行われる2019年10月1日〜2020年3月31日の6ヶ月間だけ。
ここで使い切らなければ、商品券はただの紙くずになってしまいます。

お釣りが出ない

次に、商品券ではお釣りがでない、ということ。
一般的な商品券でも、使って余りがあってもお釣りは帰ってこない、というものも多いです。
そして、プレミアム商品券もご多分に漏れず、商品券で何かを購入して金額に余りが出ても、
お釣りは帰ってこないのです。

その理由は、わざと少額な商品を購入してお釣りをもらい、
商品券を現金化するような事例を防ぐためです。

ただ、これって使う側からするとけっこう問題なんですよね。
別に、現金化しようなんて思ってなくても、普段の買い物でお釣りって普通に発生するじゃないですか。
でも、商品券で買うならお釣り出ないから、別にいらないけどもったいないからこれも買っちゃおう、
みたいな、無駄使いが発生するんですよ。

そもそも、家計を助けるために発行した商品券のはずなのに、
家計の無駄を助長することにも繋がってくるんですよね。
お店側としては余計な商品が売れて嬉しい部分もあるのかもしれないけど、
そんな無駄が発生するなら、そもそも現金で持っておいた方がいいよな、って思うわけです。

いちいち、商品券の残額を気にしながら買い物をするのもストレスですしね。

で、3つ目。

購入には多額の現金が必要

それは、購入するのに多額の現金が必要だということです。
これって確かに家族4人であれば5千円×4=2万円得する計算になるんですけど、
そのためには合計8万円の現金がいるんですよね。

これって、けっこうな出費だと思いませんか?
しかも、期限つきで使える場所も限られている、おまけに使ってもお釣りが出ない。
こんなに使い勝手が悪いものに、いきなり現金でそれだけ出すのって正直躊躇しちゃいます。

それなら、どこでも何にでも使えるし使用期限もない現金で持っていた方がいいよね、
ってなりませんかね?

特に住民税非課税の家庭なんて、
その現金を用意すること自体がけっこうなハードルだと思いますよ。
それなら初めから、1人につき五千円の商品券を配った方が、
家計も助かるし、全員に商品券が行き渡ることで消費も増えるし、
なんぼかいいのにな〜と思います。

こう考えていくとね、けっこうなんか巷では盛り上がっているみたいなんですけど、
実態をちゃんと見て、と思っちゃいますよね。

プレミアム商品券を購入した方がいい人は?

じゃぁ、実際プレミアム商品券を購入した方がいい人っているの?
ってところなんですけど、実はいます。
明らかにこういう人は買った方が得するっていう人はいるんです。

それは、プレミアム商品券の使用期限内に大きな大きな買い物をする予定のある人ですね。
例えば、自転車とかバイクとか。
(実際、以前地域振興券が配られた時は自転車買った気がします。)

もちろん、プレミアム商品券が使えるお店であることが大前提ですけど、
こういった数万円以上の商品であればすぐに利用できるので、どのまま商品券の差額分を割引として恩恵を受けることができます。

これなら、商品券を使いきれない心配もないし、
無駄なものを余計に買う必要もないし、
そもそも出て行く予定の現金だったので、商品券にしても問題ないし。

全く損する要素が無いんですね。

あとは、こういう普段の買い物の計算をすっごく細かくして、
無駄のないように、余計なものは買わないように、完璧に使い方を管理できる人ですかね。
まぁ、私はそれをする労力を費やすぐらいなら、そもそも商品券は購入しませんが・・。

まとめ

ということで、10月から始まる消費税10%に向けて、
乳幼児のいる世帯と住民税非課税の世帯に購入が促されているプレミアム商品券ですが、
うちは購入しない理由を3つと、
購入した方が良い人(プレミアム商品券を購入すると無条件に恩恵を受けられる人)について紹介しました。

私の見解としては、プレミアム商品券を購入するくらいなら、
現金で持っておいた方がいいな、というのが正直なところです。
何か大きな買い物をする予定ができて、一瞬で商品券を使うことのできる状況になれば別ですけどね。

なかなか使う方からすると、恩恵を感じにくい微妙な制度だなと感じるわけです。
(PayPayとか、LINE Payとか電子マネーで20%還元とかやってるのを見て、あ、こっちの方が魅力的、と普通に思えてしまいます。電子マネー、今はけっこうどこででも使えるし、使用期限無いしね。。)

ということで、良かったらコメントでいろんな方の意見も聞いてみたいですね!
記事を読んで良かった、と思ったらSNSでシェアや拡散もお願いします^^

0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。