本質はいつもシンプル

エッセンシャルブログ

ライティング

iOS(iPhone・iPadなど)とGoogle音声入力、それぞれの特徴と使い分け方

音声入力の2大巨頭は、iPhoneやiPadのiOS版音声入力と、
AndroidやGoogleドキュメントなどのGoogle音声入力か。

精度や使い方も含めて、この2つに今のところかなうものはないと思いますね。

それぞれ良いところ、いまいちなところがあるので、その辺の特徴の紹介もしていきたいと思います。

iPhoneやiPadなどiOSでの音声入力

音声入力でタイピングのように音声入力をしていきたいのであれば、
iOSの音声入力がおすすめ。
句読点やカギカッコ、クオーテーション、改行など、普通の文章以外の、文章作成で使用する記号も、
音声で入力ができるところが大きい。

iOSの音声入力であれば、普通に文章作成するのであれば、
タイピングが全く必要いらず、音声入力だけで清書、つまり、タイピングと同じような、
完成度の高い文章の作成が音声だけで作成可能です。
つまり、iPhoneやiPadだけで、記事やコンテンツが完結できます。
(あくまでも文章作成が可能というだけで、タイピングと同じ感覚で文章が作成できるか、というとそれはまた違います。また、バックスペースなど、削除も音声入力では今のところできません。)

ただし、iOSのデメリットとしては、
音声入力の時間が1分間しかないところ。

音声入力の特徴として、喋ることによるアウトプットのしやすさ、という面があります。
アイデアを出したいときや、とにかくアウトプットをやりまくりたい、
頭の中を全て吐き出したい、そういう時にタイピングよりも爆速で出来て、一気にアウトプットできる、というところがあります。

これが本当にすごくて、実際にアイデアが溢れて止まらなくなる、いわゆるゾーンに入っている時ってありますよね。
そういう時って、あふれてくるアイデアに対して、タイピングが追いつかない、そういう経験をしたことがある方も多いと思います。

で、一生懸命タイピングで文字を打ってても、あれ?今さっきすごいこと思いついていたのに・・・
思い出せない・・がビーン。。なんてことがあるわけですよ。
それが非常にもったいない。
もしかしたら、それが数億円のビジネスの種になっていたかもしれない。
世紀の発見になっていたかもしれない。
そうすると、そういうアイデアのメモ漏れというのは、莫大な損失になるかもしれないわけです。

そういう時に音声入力ができると、スラスラと喋るだけで文章ができるので、
そういうアイデアのメモ漏れがなくなります。
そうなると、今までよりも何倍もアイデアのストックができますし、そうすることで何倍もアイデア得ることができるようになるのです。

ただ、iOSだと1分間しかできないので、
だーっとアイデアを出していたり、頭の中のものを整理するために、
まずはばーっとブレインダンプをしていても、いつのまにか音声入力が終わっていて、
たくさん出したはずなのに、ほとんど入力できていなかった・・という事態になってしまうのです。

なので、iOSの場合は、しっかり音声で入力されているところをリアルタイムで確認しながら、
いわゆる、ある程度できている文章を清書する、というイメージで使う方があっています。

Google・Androidでの音声入力の特徴

逆に、Google音声入力は時間が無制限なところが特徴。
つまり、だーっと書いていても、時間を気にすることなく、
無制限にアイデアや頭にある文章を喋っていくことで文字にすることができます。

ただし、iOSの音声入力と違って、Googleの音声入力は句読点の入力ができませんし、改行もできません。
なので、つらつらと喋っていると、けっこう後から見るとわかりにくい文章になっていることがあります。

なので、あとでいちいち改行をしていったり、句読点を足していく一手間が、文章を完成させるためにはかかります

ただし、入力スピードはiOSより速くなりますし、サクサクと文章を作ったり、原案や下書きを作るには、Google音声入力は非常に有効です。

iOSとGoogleの両方の良いとこどり

なので、このハイブリッドでいいとこ取りをしていく、ということをしていけばいいわけです。

つまり、ぼんやりと書きたい記事やコンテンツのテーマが浮かんでいる段階では、
まずはGoogleの音声入力を使って、そのテーマについて頭の中にあることを全部吐き出します。
その際、文章になっていなくても全然いいし、支離滅裂でもいいので、
とにかくテーマについて自分で喋って、頭の中を文字化します。

この過程がとっても大事なんですね。

これは、脳の構造としても非常に理にかなっていて、
これをすることで頭の中のいろんな情報が繋がって、アイデアが浮かんできます。

頭の中はいろんな情報が無造作にぷかぷかと浮かんでいるようなカオスな状況なのですが、
このテーマを与えてあげると、それに沿って全然異なるアイデアや情報がまとまってくるんですね。

テーマがあることで、一定の方向性ができます。

この方向性を少し難しい言葉でゲシュタルトと言います。
このゲシュタルトを作って、それに伴うアイデアを出すときに、Google音声入力は最適なんですね。

で、ある程度テーマに基づいてGoogle音声入力でブレインダンプができたら、
それをキーボードで改行や句読点をつけていきます。

そして、ここである程度記事の下書きにしてしまうわけです。

記事の完成をするためには、ここからやっぱりキーボードでの入力が必要になるわけですが、
大体の文章が入力できていることで、ゼロからよりも各段に文章の作成がしやすくなりますし、
タイピングが減ることで、肩や目、腕などの負担も大分軽くなります。

音声入力はレジュメを作っておくとやりやすい

ただ、喋るのに慣れていない、という人は、何もないところから文章を作ることができない、という場合もあると思います。
その場合には、まず喋る内容のある程度レジュメを作ってしまいましょう。
私はこれを台本と呼びますが、これはYouTuberの方が、喋るときに台本を作っている、というところからヒントを得ました。

で、実際に台本を作ると、格段に喋りやすくなります。

ある程度の内容が把握できるだけで、何を喋ったらいいのか、ということが無くなりますし、
喋ることに迷いがなくなるので、空白の時間ができず、スラスラと喋ることができます。

あとは、序文、本論、まとめ、という感じでテンプレートに沿って構成することで、
きちんとレールに沿って話ができるので、脱線して戻って来れなくなったり、何を話してるのが分からなくなったり、
結局何が言いたかったのか自分でもわからない・・となるのを防げるのでとってもおすすめです。

音声での入力が気になるならボイスメモ→書き起こし

で、どうしても音声入力を初めからしてしまうと、そっちが気になって喋ることに集中できない、
という場合には、まずはボイスレコーダーやスマホのボイスメモで、台本を見ながら音声を録ってしまいましょう。
そうして、その音声をあとで書き起こししたらいいです。

書き起こしといっても、自分で書く必要はなく、
ボイスメモの音声をそのままGoogleドキュメント上で鳴らして、
音声入力で自動書き起こしをすればいいのです。

これで、ボイスメモの音声が自動で書き起こしできるので、
これを下書きとして、記事をタイピングやiOSの音声入力で完成させていったらいいわけです。

まとめ

ということで、今回はiOSとGoogleのそれぞれの音声入力の違いについて紹介しました。

iOSでの音声入力

メリット→句読点が打てる。音声だけでほぼ文章が完結できる。
デメリット→入力時間が短い(約1分)。入力スピードがGoogleに比べると若干遅い。

Google音声入力

メリット→無制限で音声が入力できる。入力スピードが速い。
デメリット→句読点が打てない。

変換の精度については、Googleの方がいい、と言っている人もけっこういますが、

私は使っていて、両者とも変換精度に大差無いです。

しっかりとインターネット環境が揃っていれば、
必要十分な精度で入力することができます。

気になる方は、ぜひ使ってみてください。

-ライティング

Copyright© エッセンシャルブログ , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。